服・小物

【エッティンガー 名刺入れレビュー】上品でスマートな名刺入れを買ってわかったメリットとデメリットと革の経年変化

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

イギリスのチャールズ皇太子や元首相のトニー・ブレア氏もファンだったというエッティンガー(ETTINGER)

実はわたしもエッティンガーの名刺入れを4年使っています。

リーマン
リーマン
ルイ・ヴィトンやプラダのような有名な名刺入れじゃないけど、どんな感じなの?

そう。

エッティンガーは誰でも知っているというより、知る人ぞ知るブランドって感じですが、

一言で魅力をいうと、

光沢のある革(ブライドルレザー)を使った、知的さと上品さのある名刺入れです。

そして、革が劣化しにくいからきれいなまま使えるし、何歳になっても恥ずかしくないシンプルなデザインが特徴的です。

ナマケモノ
ナマケモノ
とにかく安定感抜群!

というわけで、本記事ではエッティンガーの名刺入れのメリットとデメリット、革の経年変化について書きます。

エッティンガーとは

まずはエッティンガー(ETTINGER)というブランドを紹介します。

メイド・イン・イングランドの代表的な高級レザーメーカー

ブログ「モノオス」エッティンガーのショーウインドーを撮った画像引用:エッティンガーのHP

エッティンガーは、イギリスが生んだ高級レザーメーカーの1つです。

最高級のレザーを使用した製品をハンドメイドで作っており、1996年にはチャールズ王子より「英国王室御用達ごようたしの栄誉を授かっています。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れに刻印されたエッティンガーのロゴマークを撮った画像王冠マークは「プリンス・オブ・ウェールズ紋章」
ナマケモノ
ナマケモノ
イギリスの王室に認められたあかしです!

革へのこだわり~ブライドルレザー~

ブログ「モノオス」エッティンガーが上質なブライドルレザーを製造しているところを撮った画像引用:エッティンガーのHP

乗馬の国・イギリスの革メーカーは、伝統的に「ブライドルレザー」という加工を行った革を手作りしてブランドにしてきました。

ブライドルレザーとは、

なめし革に秘伝ひでんのワックスを何度も何度もりつけて仕上げた革のこと。

モノオス
モノオス
耐久性が強くて、上品な光沢を放つところが特徴だよ

エッティンガーもブライドルレザーによる革製品を特徴としていますが、他のメーカーと違うのは、

  1. 高品質でバラエティにとんだ品を扱うタンナー(製革業者)とパートナーになり、
  2. 特別なワックスを使った上質なブライドルレザーを仕入れて製品化している

という点です。

エッティンガー 名刺入れの評判は?

イギリスでは有名なエッティンガーですが、日本ではどうなんでしょうか?

エッティンガーの名刺入れのつぶやきを拾ってみました。

twitterで見たところ、エッティンガーのつぶやきはそれほど多くなかったんですが、まとめると、

エッティンガー名刺入れの口コミ
  • マイナスのコメントが少ない
  • 「自分へのご褒美」「プレゼント」で買ったというツイートが多い。
  • 高価なブランドだが、手の届く範囲の値段である

といった感じでした。

モノオス
モノオス
高すぎない高品質ブランドってイメージなんだね

エッティンガー 名刺入れの魅力

それでは、ここからはわたしが買った名刺入れの魅力を紹介させていただきます!

シンプルかつスマートな見た目

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像こちらが、私が4年使っている名刺入れです。

ルイ・ヴィトンのような華やかな製品ではないので、

モノオス
モノオス
ちょっと物足りないかも…

と思うこともありましたが、

やっぱり、このシンプルなデザイン上質で光沢のあるシャープさがウリだと思います。

年をとっても恥ずかしくないし、丈夫なので、すごく経済的です。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れの裏側を上から撮った画像名刺入れの裏側

裏面にポケットや装飾はなくて、表面と同じデザインなので、どちらから見てもブライドルレザーの美しさを楽しめます。

ちなみに、ブライドルレザーの質感は、

モノオス
モノオス
ツルツルでサラサラ

革独特のザラッと引っかかる感じではありません。

サプライズがある

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて上から撮った画像

エッティンガーといえば内側は印象的な黄色の革で仕上げるこの仕様ですね!!

外側はシック&シャープなぶん、印象的でオシャレですよ。

モノオス
モノオス
サブポケットが3つあるから、もらった名刺をわけて収納できて便利!
ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて内側のパネルハイドイエローの革を撮った画像

この内側の黄色の革は、パネルハイド(馬の鞍の背中に当たる部分の革)という革を使っています。

外側のブライドルレザーと違って質感は柔らかくて肌触りがいい感じですね。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れの革の切り替えしが見えるよう斜め横から撮った画像横から見ると、エッティンガーのアイコンである「パネルハイドイエロー」がチラッと見えて、のっぺり単調とした感じがなくなります。

モノオス
モノオス
このチョイ見せがにくいね♡

けっこう名刺が入る(大容量)

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて、名刺を25枚入れた状態を撮った画像25枚の名刺を入れてますが、ご覧のとおり、余裕を持って取り出せます!

(エッティンガーのHPをみると、推奨は30枚のようです)

もちろん、倍の50枚を入れることもできますが、

型崩れが怖いのと、一度に大量の名刺を持ち歩く必要がない仕事なんで、

大量に入れた使用感はわかりません。ご勘弁を(;´Д`)

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れのマチを横から撮った画像ちなみに、横からみると、こんな感じで▽状のマチになっています。

エッティンガー 名刺入れのデメリット

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

ブライドルレザーのおかげで、特に手入れをせずに4年間使っている革が、きれいな光沢を放っているところが素晴らしいのですが、…

ブライドルレザーにも欠点があります。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れの革に入った傷を撮った画像

拡大すると、真ん中あたりで横に走っている傷が見えると思いますが、

ブライドルレザーは、オイルでコーティングしているぶん、こういったこすれ傷が目立ってしまうのが欠点です。

エッティンガー 名刺入れの革の痛み具合(経年変化)

では、革の経年変化はどうでしょう?

経年変化をはかる具体例として、今回はボッテガヴェネタの小銭入れの革とで比較してみます。

ブログ「モノオス」ボッテガ・ヴェネタ小銭入れとエッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

6年使っているボッテガ・ヴェネタの小銭入れは、革が少しくすんでいます。

一方、4年使っているエッティンガーの革は、すごくきれいで上品に見えます。

これはブライドルレザーのおかげですね。

モノオス
モノオス
革の経年変化を楽しみたい方にとっては、ちょっと面白くないかもしれません…

でもね、

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて内側のパネルハイドイエローの革を撮った画像内側の黄色の革(パネルハイド)は、少しくすみが出て、落ち着いた色に変わってきています。

外側は上品さをキープして、内側はエイジングを楽しめる。

よくできた名刺入れです。

ブログ「モノオス」ボッテガヴェネタの小銭入れを真上から撮影したアイキャッチ写真
【ボッテガヴェネタ小銭入れレビュー】上品でカードも入る便利なコインケース!6年使った革の経年変化も公開ボッテガ・ヴェネタの小銭入れを買って6年が経ちましたので、メリット・デメリットを含めてレビューします!ボッテガの小銭入れって、シンプルで上品なデザインだから長く使えるし、間仕切りがあるからめっちゃ便利です。革の経年変化も含めて、たくさんの画像でその魅力を紹介しますので、ぜひご覧ください!...

ボッテガヴェネタ小銭入れのレビューはこちら

エッティンガー 名刺入れのレビューまとめ

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

本記事は、エッティンガーの名刺入れのメリットとデメリット、革の経年変化について書いてきました。

エッティンガーの名刺入れは、

知的かつ上品な雰囲気がありながら、革が劣化しにくくて、飽きのこないシンプルなデザインの名刺入れです。

モノオス
モノオス
とにかくバランスがいいよね♡

というわけで、ずっと使える名刺入れを探しているならエッティンガーは満足のいく品だと思います。

以上、モノオス(@monoosu2019)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA