ブランド

【エッティンガー 名刺入れレビュー】上品でスマートな名刺入れを買ってわかったメリットとデメリットと革の経年変化

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

イギリスのチャールズ皇太子や元首相のトニー・ブレア氏もファンだったエッティンガー(ETTINGER)

わたしもエッティンガーの名刺入れを持って、4年が経ちました。

「ルイ・ヴィトンやプラダのような華やかさはないが、実際に買ってみてどうなのか?」

「革の具合はどう変わったのか?」

ナマケモノ
ナマケモノ
スマートな雰囲気、特徴的な差し色!品質に対してコスパのいい名刺れだよ♡

ということで、エッティンガーの名刺入れを使ってわかったメリット・デメリット、革の経年変化をご紹介します!

エッティンガーとは

まずはエッティンガー(ETTINGER)というブランドを紹介します。

メイド・イン・イングランドの代表的な高級レザーメーカー

ブログ「モノオス」エッティンガーのショーウインドーを撮った画像引用:エッティンガーのHP

エッティンガーは、イギリスが生んだ高級レザーメーカーの1つです。

最高級のレザーを使用した製品をハンドメイドで作っており、1996年にはチャールズ王子より「英国王室御用達」の栄誉を授かっています。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れに刻印されたエッティンガーのロゴマークを撮った画像
ナマケモノ
ナマケモノ
ETTINGERというブランド名の上にあるマークこそ、「プリンス・オブ・ウェールズ紋章」。英国王室御用達の証だよ!

革へのこだわり~ブライドルレザー~

ブログ「モノオス」エッティンガーが上質なブライドルレザーを製造しているところを撮った画像引用:エッティンガーのHP

乗馬の国・イギリスの革メーカーは、伝統的に「ブライドルレザー」という加工を行った革を手作りしてブランドにしてきました。

モノオス
モノオス
ブライドルレザーとは、なめし革に秘伝のワックスを何度も何度も塗りつけて仕上げた革のこと。耐久性が強くて上品な光沢を放つところが特徴だよ

エッティンガーも、ブライドルレザーによる革製品を特徴としていますが、他のメーカーとの違いは、

高品質で、バラエティにとんだ品を扱うタンナー(製革業者)とパートナーになり、特別なワックスを使った上質なブライドルレザーを仕入れて製品化している

という点です。

モノオス
モノオス
とにかく上質ってことだね

エッティンガー 名刺入れの評判は?

イギリスでは有名なエッティンガーですが、日本ではどうなんでしょうか?

エッティンガーの名刺入れのつぶやきを拾ってみました。

twitterで見たところ、エッティンガーのつぶやきはそれほど多くなかったんですが、まとめると、

エッティンガー名刺入れの口コミ
  • twitterのつぶやきは少ないが、マイナスのコメントは少ない
  • 「自分へのご褒美」「プレゼント」で買ったというツイートが多い。特別なときに買う商品といえそう。
  • 高価なブランドだが、手の届く範囲である

といった感じでした。

 

モノオス
モノオス
名刺入れで検索して、初めてエッティンガーの存在を知りましたわ。で、紳士の国・イギリスで評価されているところに興味を持って試し買いしたよ

エッティンガー 名刺入れの魅力(メリット)

それでは、ここからはわたしが買った名刺入れの画像とともに、魅力を紹介させていただきます!

シンプルかつスマートな見た目

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像こちらが、私が4年使っている名刺入れです。

ルイ・ヴィトンのような華やかな製品ではないので、

モノオス
モノオス
ちょっと物足りないかも…

と思うこともありましたが、

やっぱり、このシンプルなデザイン上質で光沢のあるシャープさがウリだと思います。

年をとっても恥ずかしくないし、丈夫なので、すごく経済的です。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れの裏側を上から撮った画像名刺入れの裏側

裏面にポケットや装飾はなくて、表面と同じデザインなので、どちらから見てもブライドルレザーの美しさを楽しめます。

ちなみに、ブライドルレザーの質感は、「ツルツル・サラサラ」で、革独特のザラッと引っかかる感じではありません。

サプライズがある

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて上から撮った画像

エッティンガーといえば、内側は印象的な黄色の革で仕上げる、この仕様ですね!!

外側はシック&シャープなぶん、印象的でオシャレですよ。

モノオス
モノオス
サブポケットが3つあるから、もらった名刺をわけて収納できて便利!
ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて内側のパネルハイドイエローの革を撮った画像

この内側の黄色の革は、パネルハイド(馬の鞍の背中に当たる部分の革)という革を使っています。

外側のブライドルレザーと違って、質感は柔らかくて肌触りがいい感じですね。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れの革の切り替えしが見えるよう斜め横から撮った画像横から見ると、エッティンガーのアイコンである「パネルハイドイエロー」がチラッと見えて、のっぺり単調とした感じがなくなります。

モノオス
モノオス
このチョイ見せ、にくいね♡

けっこう名刺が入る(大容量)

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて、名刺を25枚入れた状態を撮った画像25枚の名刺を入れてますが、ご覧のとおり、余裕を持って取り出せます!

(エッティンガーのHPをみると、推奨は30枚のようです)

もちろん、倍の50枚を入れることもできますが、

型崩れが怖いのと、一度に大量の名刺を持ち歩く必要がない仕事なんで、

大量に入れた使用感はわかりません。ご勘弁を(;´Д`)

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れのマチを横から撮った画像ちなみに、横からみると、こんな感じで▽状のマチになっています。

エッティンガー 名刺入れのデメリット

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

ブライドルレザーのおかげで、特に手入れをせずに4年間使っている革が、きれいな光沢を放っているところが素晴らしいのですが、…

ブライドルレザーにも欠点があります。

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れの革に入った傷を撮った画像

拡大すると、真ん中あたりで横に走っている傷が見えると思いますが、

ブライドルレザーは、オイルでコーティングしているぶん、こういった擦れ傷が目立ってしまうのが欠点です。

エッティンガー 名刺入れの革の痛み具合(経年変化)

では、革の経年変化はどうでしょう?

ブログ「モノオス」ボッテガ・ヴェネタ小銭入れとエッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

【レビュー】上品で飽きない!ボッテガ小銭入れを購入して5年経過してわかったメリットとデメリットという記事で紹介した小銭入れとの比較画像です。

5年使っているボッテガ・ヴェネタの小銭入れは、革が少しくすんでいます。

一方、4年使っているエッティンガーの革は、すごくきれいで上品に見えます。

これはブライドルレザーのおかげですね。

モノオス
モノオス
革の経年変化を楽しみたい方にとっては、ちょっと面白くないかもしれません…

 

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを開いて内側のパネルハイドイエローの革を撮った画像ちなみに、内側の黄色の革は、少しくすみが出て、落ち着いた色に変わってきています。

モノオス
モノオス
外側は上品さをキープして、内側はエイジングを楽しめる。
よくできた名刺入れだよ

エッティンガー 名刺入れのレビューまとめ

ブログ「モノオス」エッティンガーの名刺入れを上から撮った画像

それでは、感想をまとめます。

エッティンガー名刺入れの魅力
  • 手の届く価格帯の高品質ブランド
  • シンプルかつスマートな見た目
  • 外側は丈夫でキレイな状態が続き、内側の革は経年変化を楽しめる
  • プレゼントでも喜ばれる

改めてエッティンガーを見つめましたが、「バランスがいい名刺入れ」だと思いました。

飽きずに長く使え、コストパフォーマンスの高い名刺入れを探しているなら、エッティンガーの名刺入れを選択肢にいれてみてください!

シックなロイヤルコレクションなら
関連記事