こんなリーダーはいやだ!『砂の栄冠』の監督ガーソの無能っぷりがハンパないのでまとめてみた

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』の無能監督・ガーソが当たり前のことを指導している場面の画像

砂の栄冠』という高校野球漫画を読んだことありますか?

『ドラゴン桜』で有名な三田紀房先生が描いたこの作品、

  • 主人公はイケメンで賢い名選手ですが、性格がどす黒い
  • ほかの選手はザコ
  • そして監督がクズ

という鬼設定の漫画なんですが、めちゃくちゃおもしろいんです!

モノオス
モノオス
爽やかさがまったくないからね
↓『砂の栄冠』のまとめはこちら
ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』でチームの心をつかんだと心で思う七嶋の画像
【『砂の栄冠』まとめ】黒い心がクセになる!どう組織をマネジメントするかという観点で描かれた高校野球漫画三田紀房先生の書いた高校野球漫画『砂の栄冠』がまったく爽やかでなくて面白かったので解説します。この漫画は、主人公以外ろくな選手がいないうえ監督がクズという鬼設定なんですが、クレバーな主人公が分析し、まわりをどうマネジメントして甲子園に出るのか、という視点がハマります。ぜひ詳細は記事でご覧ください。...

で、とくに監督のガーソがヤバすぎです。

ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』で、曽我部公俊(ガーソ)の紹介引用:『砂の栄冠』

一見よさげな経歴ですが、

試合中に「メンヘルか!」ってぐらい一喜一憂するし、

無能なくせにかっこつけだし、

あることないことマスコミにふきこむし、

失敗は部員のせいにして、勝てば自分の手柄にするしで、

ウチの上司かと思ったわっ!!

ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』でガーソが七嶋がこけたら終わるチームだと冷ややかに語っている画像他人事みたいなコメントをするガーソ

身近にいるしょーもない人をここまで再現できている漫画はなかなかないですが、自己啓発的にはかなり使えるなと。

というわけで、

本記事では「こういうリーダーになっちゃいけない」の代表事例として、監督・ガーソの経歴、評判、愚行をまとめて紹介いたします。

ガーソを反面教師として、みなさまの学びにつながれば幸いです!

『砂の栄冠』ガーソのキャリアと評判

ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』で、曽我部公俊(ガーソ)の紹介引用:『砂の栄冠』

ガーソは最初、公立高校の監督として甲子園に春1回、夏2回に出場している有能な監督として登場します。

でも、実態はどうなのかというと、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、県立上尾北高校で監督をしているときのガーソの紹介ガーソは何もしていない!?(引用:『砂の栄冠』)

前任の監督が猛練習で鍛えあげたチームを引き継いだだけだったり、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、浦和市立東商業高校で監督をしているときのガーソの紹介すまし顔のガーソ(引用:『砂の栄冠』)

たまたまスゴイ選手が活躍して甲子園にでれただけの、ただツイてた人でした。

モノオス
モノオス
なんでこういう人に限って運がハンパなく強いんだろうね

ちなみに甲子園観戦マニアはガーソのことを

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、甲子園の常連組・滝川がガーソの印象を説明している画像滝本によるガーソの分析(引用:『砂の栄冠』)

ランナーがでればバント、それが失敗したらエンドラン。

どんな状況でもただ同じことを繰り返す無能監督

と分析しています。

そう、ガーソはリスクを取らないけど責任も取らない。

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で七嶋がガーソの印象を説明している画像部員からの評価もおそろしく低いガーソ(引用:『砂の栄冠』)

ようは選手からみて使えないヤツだ、と。

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で七嶋がガーソを使えないと思っている場面の画像ガーソをまったく信用していない主将の七嶋(引用:『砂の栄冠』)

というわけで、身近な関係者からの評判は最悪です。

野球部の部長をしている小沢は、ガーソをセコくて汚ねえヤツと言ってますし、

ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』でガーソに丸投げされてキレる小沢の画像

急に思いつきで選手交代された正キャッチャーのゴンは、

あいつ…バカじゃねえの?と毒づいています。

ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』で突然ガーソに交代されてキレるゴンの画像引用:『砂の栄冠』

この時点でまったくいいところなしのガーソですが、

あなた
あなた
具体的にどんなことしてくんの?

と気になってきましたよね。

というわけで、次の章でガーソの行動のかずかずを紹介していきます!

『砂の栄冠』ガーソの特徴

それでは、無能といわれるガーソの具体的な事例を紹介いたします。

嫌なことがあったら沖縄へ逃げる

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、OBに責められて沖縄へ逃亡するガーソの説明引用:『砂の栄冠』

わざわざ沖縄まで行っちゃうのがおもしろいですが、いますよね、こういうひと。

しかも、こういう人は面倒なことがおこりそうな日も休んだりするので要注意です。

批判的な意見は聞かない

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、観客から采配のブーイングを受けて、知らんぷりするガーソの画像引用:『砂の栄冠』

そして、都合の悪いことは聞きません。

傷つきたくないのかもしれませんが、一周まわって逆にハートが強い気が。

悪い結果は全部選手のせい

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、責任を部員に押しつけるガーソの画像引用:『砂の栄冠』

プレイヤー(現場で対応する課員)は基本的に損する運命を負います。

当たり前のことしか言わない

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、あたりまえの指導しかしないガーソの画像引用:『砂の栄冠』

うちの上司と同じです。

しかもたいがい話が長いんですよね

誰よりも早くあきらめる

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、すぐに諦めるガーソの画像引用:『砂の栄冠』

着眼点がめっちゃおもしろい(笑)

他人事だからあきらめも早いんですかねー。

サインがバレバレ

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、サインが簡単すぎて敵の監督にバレているガーソの画像引用:『砂の栄冠』

本人は絶対ばれてないと思ってるパターンですね。

仕事でも上司がバレバレのリアクションして、相手に意向がバレるときがありますが同じ系統です。

大舞台で一番緊張する

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、緊張してわけのわからないことを指導するガーソの画像引用:『砂の栄冠』

なんでプレイしないおまえがテンパってんだよ!って感じですが、そうなると

わけわかんない指示を出したり、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、緊張してわけのわからないサインを出すガーソの画像引用:『砂の栄冠』

石のように固まったり、魂がぬけて幽霊になったりしてます。

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、試合展開が悪くなって意識を半分失っているガーソの画像引用:『砂の栄冠』
モノオス
モノオス
もう給料とか返してほしいよね

でも、意外と勘違いして見られることもあるから、世の中わからんもんです。

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、固まって何の指示も出せないガーソをポーカーフェイスでハートの強い監督と勘違いしている敵陣の画像テンパって何もできないだけなのに「落ち着いて見守っている人」と勘違いされるガーソ(引用:『砂の栄冠』)

かっこつけ

自分好きなガーソは基本的に目立ちたがり屋で、かっこつけです。

だから、有名な監督が前に出て指揮をとっていたら、自分もマネして出てくるし、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、スター監督のマネをしてベンチに出て熱く采配するガーソの画像引用:『砂の栄冠』

部員に指示したあとに自己満足なポーズをとったり。

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、ベンチで熱く語るガーソの画像引用:『砂の栄冠』
ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、ベンチでカッコつけるガーソの画像引用:『砂の栄冠』

おそらく部員はガーソの指示を聞いてないでしょうが、ガーソはすっげえ満足している。

この差が好きです。

すぐ手のひらをかえす

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、急に手のひらを返して七嶋をほめるガーソの画像引用:『砂の栄冠』

さっきまでヘコんでいたとは思えないくらい、気持ちの切りかえが早いです(笑)

仕事でもブチ切れてるときに得意先から電話がかかってきたら、ネコのような声で応答する人がいますが、あれすごいですよね。

使えそうなセリフはよく聞いている

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、使えそうなキラーフレーズを聞き逃さないガーソの画像引用:『砂の栄冠』

お前が人を動かすフレーズを考えろよ!って思いますが、一方で、よくアンテナ張ってるよなと感心してしまいます。

全部自分の手柄にして話す

試合に勝ってインタビューをうけたときでも

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、インタビューでウソをつくガーソの画像引用:『砂の栄冠』

たいがい事実とちがうことを話したり、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、インタビューで必要以上にしゃべるガーソの画像引用:『砂の栄冠』

ここぞとばかりに自分をPRしようとしますが、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、インタビューで自分のことばかり話すガーソの画像引用:『砂の栄冠』

説明がつねに自分目線だからウンザリみたいな。

どうでもいい件の判断が的確

甲子園でプラカードを持って入場するマネージャーを選ぶとき、

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』で、プラカードを持つマネージャーを選ぶときに的確に顔で選ぶガーソの画像引用:『砂の栄冠』

的確な判断を下しています(笑)

『砂の栄冠』を無料で読む方法

『砂の栄冠』がどんな漫画か気になってきたあなたに、お試し期間などを活用すれば『砂の栄冠』が無料で読めちゃうサービスを紹介します。

U-NEXTで『砂の栄冠』を無料で読む



映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信されている動画見放題サービスです。

意外と知られていませんが、70冊以上の雑誌やコミック(電子書籍)も読み放題になりますし、毎月もらえる1,200円分のポイントで 『銀のアンカー』『ドラゴン桜』『アルキメデスの大戦』など三田紀房先生の作品が読めます!

しかも、お試し期間中に600ポイント分の有料作品を無料で楽しめます!

\31日間無料でお試し/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

『砂の栄冠』ガーソの実態まとめ

ブログ「モノオス」『砂の栄冠』の無能監督・ガーソが当たり前のことを指導している場面の画像本記事は『砂の栄冠』に登場する無能監督・ガーソの特徴をまとめて紹介しました。

基本的には「ガーソみたいなリーダーにならんよう気をつけなきゃね」と思ってますが、

「人は長所で尊敬され、短所で愛される」

という言葉があるように、ガーソがかわいくみえるときがあるのも確か。

モノオス
モノオス
短所が見えない人って、ちょっと怖い感じするしね

やはり人間、バランスが大事だし、短所も使いようだよなと思いました。

『砂の栄冠』は笑えるし勉強にもなるオイシイ漫画なので、興味をもったあなたはぜひ読んでみてください。

以上、モノオス(@monoosu2019)でした。

↓『砂の栄冠』のまとめを見てみる
ブログ「モノオス」。『砂の栄冠』でチームの心をつかんだと心で思う七嶋の画像
【『砂の栄冠』まとめ】黒い心がクセになる!どう組織をマネジメントするかという観点で描かれた高校野球漫画三田紀房先生の書いた高校野球漫画『砂の栄冠』がまったく爽やかでなくて面白かったので解説します。この漫画は、主人公以外ろくな選手がいないうえ監督がクズという鬼設定なんですが、クレバーな主人公が分析し、まわりをどうマネジメントして甲子園に出るのか、という視点がハマります。ぜひ詳細は記事でご覧ください。...
U-NEXTならお試し期間中に600ポイント分の有料作品を無料で楽しめます!

\『砂の栄冠』を無料で試し読みしよう!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

三田紀房先生の他の作品のレビューはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA