【神田昌典『非常識な成功法則』レビュー】きれいごと抜き!最短で成功するための思考法

ブログ「モノオス」神田昌典「非常識な成功法則」のレビュー記事のヘッダー画像

サラリーマンが大好きな自己啓発本。

そのなかでも刺激的なタイトルで独特の存在感を放っているのが『非常識な成功法則』です。

作者は神田昌典さん。

開成中学・高校出身で、上智大学3年次に外交官試験に合格。

大学4年次から外務省で働くエリートでありながら、経営コンサルタントに転身。

自己啓発本や小説でもベストセラーを出している多彩な人です。

モノオス
モノオス
なにかと人生の選択が早いね

そう。いつも先回りしているんです、神田さん。

この本はそんな成功者である筆者が成功するための効率的な思考、信念をきれいごと抜きで書いているところが面白い作品です。

モノオス
モノオス
口は悪いけど、考え方が面白い!

というわけで、本記事では『非常識な成功法則』の感想と「これは役立つ!」と印象に残った内容を紹介します。

漫画で読むなら

『非常識な成功法則』の感想

『非常識な成功法則』ですが、実はそんなに非常識な内容は書いてないです。

モノオス
モノオス
タイトル盛っている感じだね

でも、この本が発売された2011年に、これほど人間の欲望を包み隠さず書いた自己啓発本はほとんどなかったのではないかと思います。

短期間で財政的な成功を収めるには…

自分の「悪」のエネルギーを活用する。そして短期間で、金銭的に安定軌道に乗る。その後、必死になって、心の面でも豊かになるように努力するんだ。

つまり、一気に「金」も「心」も目指すのではなく、まずは「金」に優先順位を置く。

一言でいうと、邪悪。でも巨悪ではない。

そこがこの本の面白さだと思います。

モノオス
モノオス
きれいごとで説明しないところがいいんだよね

この本を読んで、筆者が伝えたかったエッセンスは、

  1. 自分の成功を常にイメージする
  2. 成功するために効率的な思考・行動を取る
  3. 成功したらになれ

の3点です。

ちなみに、話のなかで筆者が商売している「フォトリーディング」という勉強法の宣伝が入っているので、若干じゃっかんイラっとしました。

モノオス
モノオス
その商売のプッシュいらんから

でも、それ以外はいい!

本文の説明は若干じゃっかん上から目線の語り口調だけど、ものすごくわかりやすいです。

視点や考え方も面白いので、

モノオス
モノオス
ちょっと試してみようかな!

と興味がわいてくるのが本書の魅力です。

漫画で読むなら

『非常識な成功法則』で印象に残った内容

ブログ「モノオス」神田昌典「非常識な成功法則」を読んで気に入った成功法則を紹介する画像

それでは『非常識な成功法則』を読んで、印象に残った内容を紹介します。

成功者が誰にも教えないこと

成功している人はみんな隠れて同じことをやっている。それは、

目標は紙に書くと実現する

ということ。

モノオス
モノオス
え、そんなこと?

て感じですよね。

理屈はわかるけど、わたしもそこまで価値を置いていませんでした (´Д`)

なんで成功者は紙に書くことを大切にするのか?

それは真剣にとらえるからです。

毎日目標を見て、どうやったらなれるのか、どのようなステップで何をやれば達成できるのかを考える。

たとえば、イチローは小学校六年生のときに日記にこう書いたそうです。

――僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト入団で、契約金は、一億円以上が目標です――

モノオス
モノオス
めっちゃ具体的!

そして、この道にたどり着くために掘り下げていったことは有名ですもんね。

じゃあ、自分はどうなのかと振り返ってみると、

大学受験のときに「絶対〇大に行く!!」みたいなのをカベに貼って気合入れていたのが近いかと… (^^;

そのおかげで合格できたのかは不明ですが、目標を書く意義を再認識できました。

やりたいことを見つけるには「やりたくないこと」を見つける

いい人生を送りたい。

誰もがそう思うわけですが、本当にやりたいことを見つけるにはどうすればよいのでしょうか?

神田氏は「やりたくないこと」を書きだすことが大事だといいます。

「やりたくないこと」を明確化する前に、「やりたいこと」を目標としてしまうと悲劇だ。なぜなら、「やりたいこと」のなかには「やりたくないこと」が含まれているからである。

これ、若いころは全然考えもしませんでしたが、転職活動のときに同じことを思ったので共感しました。

というのも、新卒時に「とにかく有名な企業」という基準で就活をしてしまったんですが、数年働いてみると会社の風土や勤務条件が全然自分にあわないんですよ。

モノオス
モノオス
ちょ、一生ここで働くのムリ

なので、転職活動をするときは自分がイヤな環境と理想的な環境を洗い出して、価値観に合う業界に的をしぼって受けました。

働くうえで大切にしたいポイント
  • 給料ができるだけ高い
  • 離職率が低い
  • 全国転勤がない
  • 競争が少ない(規制業界)
  • 企画・事務
  • 部署の種類が多い(飽きやすいので)

その結果、無事、転職に成功できましたので、この発想は身にしみます。

ちなみに、「やりたくない」という価値観は今も大事にしていて、仕事のなかでもいかにしてやりたくないことを自分がしないかを追求しています。

モノオス
モノオス
違う方法でやったり、他の人にやってもらって自分でやらないようにしたり

ストレスが減って仕事がうまく流れていくので、これは一生ものの考え方だと思います。

音声で学ぶ習慣を持つ

「お前が独立してうまくやってきた、最大の秘密を吐け」

そうおどされたとすれば、私は「はい、テープを聞く習慣です」と答える。

こういう発想はもっていなかったですね。本は読む派なんで。

ちなみにテープとは、成功した経営者やすぐれたコンサルタントの話(ビジネステープ)のことです。

音声の何がそんなにいいかというと、

  1. すぐれた経営者がやってきた数十年の経験を、ほんの1~2時間で学べる
  2. 成功だけでなく、失敗からも学ぶことができる

というわけで、時間と記憶の効率がいいからです。

モノオス
モノオス
た、たしかに…

そう。理屈がわかるだけに、ちょっと今までの人生を損していた気分になりました。

なので、一度オーディオブックを試してみるつもりです。

\名作を音声で聞いてみよう/

amazon Audible (オーディブル)

客からできるだけ早くNOの返事をもらう

ブログ「モノオス」神田昌典「非常識な成功法則」で、NOという返事を早く聞き出すことを想起させるNOと書かれた字の画像

NOというお客を説得するより、説得する必要のないお客を成約するほうがよほど効率がいい。

商談のポイントは、お客が説得を必要とするか、しないかを判断するだけ。

その答えがYESだったら、説得する必要がないので商談を続ける。NOだったら時間がかかるので、商談を終わりにして帰る。

なんとなくNOという客をYESというように説得するものが営業(商売)だと思ってしまいますが、そうじゃないんですよね。

それどころか、判断が営業の原則だと考えているところがおもしろいです。

そして、

重要なのは、いつでも商談を中止する覚悟をもつこと。

これですよ、これ。

結局、はっきりしないと延びたり、相手を期待させたりしてトラブルになるんですよね。

本質をついた答えだと思いました。

お金に嫌われない、お金の使い方

ブログ「モノオス」神田昌典「非常識な成功法則」でお金を貯めることをコップに水を貯める例えで紹介している内容に合わせて、コップに水が入っている画像

お金持ちになるシンプルな方法は、日本人特有のお金に対する罪悪感をなくすこと。

そして、お金のたまる仕組みを作ることが大事だと説明します。

本書では映画『マルサの女』を事例にしてエッセンスを紹介されました。

ポタポタ落ちてくる水の下にコップを置いて、水をためていたとする。

喉が渇いたからって、まだ半分しかたまってないのに飲んじゃうだろ?これは最低。

なみなみいっぱいになるのを待って、それでも飲んじゃだめだよ。

いっぱいになって、溢れて、垂れてくるやつを舐めて、ガマンするの。

「マルサの女」より

モノオス
モノオス
マジで名言!!

ボーナスでまとまったお金をもらうと、ガッと贅沢ぜいたくをしちゃう自分としては胸が痛かったですが (><)

あまった分だけ使うから、お金がたまる。

このイメージを持てたことは大きな収穫でした。

とはいえ、急に大きな節約はできないので、まずは無計画な贅沢ぜいたくをやめるとこから始めていこうと思います。

\無料お試し登録でマルサの女を視聴してみる/
【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】公式ページ

『非常識な成功法則』のまとめ

成功はあきらめず行動し続ければ、いつか得られるかもしれません。

しかし、『非常識な成功法則』では欲望を武器にして、少しでも成功を早く手に入れるためのマインドと行動を教えてくれます。

そして最終章では、成功を手に入れるときのリスクについても触れています。

成功に向かって頑張る。家族を幸せにしようと、仕事に打ち込む。一見、素晴らしいことに思える。

ところが、成功に向かって走るときに、すでに失敗の萌芽が生まれつつあるのである。

その失敗とは、

成功の過程で生まれうる失敗
  1. 完璧をめざしてしまうこと
  2. 家族との関係
  3. 稼いだお金の使い道
モノオス
モノオス
え、それ気をつけたらいいだけじゃん

そうなんです。ですが成長過程の刺激って強くて、想像以上にまわりが見えなくなるんです。

成功の先に求めていた「幸せ」を失わないよう、先に危険箇所を教えてくれるところもさすがです。

というわけで、本のエッセンスを中心に語ってきましたが、

効率的に成功する方法や、成功のなかで生まれる危険の回避方法に興味がある方はぜひ『非常識な成功法則』を読んでみてください!

以上、モノオス(@monoosu2019)でした。

漫画で読むなら
自分らしく働く方法とは
ブログ「モノオス」会社で快適に働くには自分で習慣(マイルール)を作ることが大切という記事のヘッダー画像
もう消耗しない!会社で快適に働くためのマイルール(習慣)をつくろうサラリーマンをしていると、仕事や人間関係で消耗しますよね。少しでも心身を落ち着けてリラックスして働くために、私は自分が快適と感じる習慣(マイルール)を通勤時や職場で作っています。本記事では、管理人が行っている習慣を紹介していますのでご参考にしていただければ幸いです。...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA