【漫画『銀のアンカー』まとめ-会社選び編-】もう迷わない!会社選びのコツ、会社が求める人物像が超わかりやすい漫画

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、越山寿男が新人に求めているのは可能性だと言っている画像

漫画家・三田紀房のりふさ先生が大学生の就活を描いた名作『銀のアンカー』。

モノオス
モノオス
マジで名作なんで、みんなに知ってもらいたい!

という思いから、『銀のアンカー』の名言をまとめて紹介しています。

第1回では就活を始める前の準備や心構えを取り上げました。

ブログ「モノオス」銀のアンカーで白川義彦が田中に就活はまず動くことが大事と語る画像
【漫画『銀のアンカー』まとめ-心構え編-】はじめに知りたい!名言でたどる最強の就活準備の知識就職活動漫画『銀のアンカー』のうち、就活前に知っておきたい心構えを名言満載でまとめました。漫画で効率よく就活の知識を得たいあなたは、ぜひご覧ください!...

続編となる今回は、

  1. 会社選びのコツ、
  2. 企業が新卒に求める人物像

についてまとめていきます。

男子学生
男子学生
漫画でかしこく就活のエッセンスをインプットしたい!

というあなたは、ぜひご覧ください!

『銀のアンカー』から学ぶ会社選びのコツまとめ

前回の就活準備・心構えのまとめ記事で、

「就活生は人気企業ランキングを見て、受ける会社を選んでいる」

という話がありましたね。

しかし、実際はどんな会社を受けるのがよいのでしょうか?

さっそくポイントを見てみていきましょう!

受けたいと思ったところをうける

ブログ「モノオス」銀のアンカーにて、白川義彦が就活はまず受けたいところ受けるべきと語る場面の画像引用:『銀のアンカー』第1巻

就活では、「落とされたくない」「傷つきたくない」という思いから、

あこがれの会社にチャレンジせず、受かりそうな会社を受けようとすることがあります。

でも、白川は自分の気持ちに正直になることが大事、と語ります。

女子学生
女子学生
でも…

というあなたは、このメッセージをご覧ください。

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、白川義彦が行きたい会社を受けないで受からないという学生はバカだと発している画像引用:『銀のアンカー』第5巻

厳しい一言ですが、これは真実です。

大学受験でも恋愛でもそうですが、

門をたたかないと扉が開かないことを私たちは経験してきたはずです

だから、よく考えてほしいんです。

ブログ「モノオス」銀のアンカーのレビューと名言まとめ(就活準備編)のヘッダー画像引用:『銀のアンカー』第1巻

大切なのは自分の気持ちに正直に行動すること

実は…最後はこういう人が勝って笑うのです

新卒でのチャレンジは1回です。

夢でも憧れでもいいから、受けたいと思ったところに飛び込んでみましょう!

迷ったら、金で決めろ

ブログ「モノオス」銀のアンカーにて、白川義彦が会社選びで迷ったら金で決めろと語っている画像引用:『銀のアンカー』第1巻
モノオス
モノオス
これは意外と盲点もうてんだよ!

会社を選ぶうえで「やりがい」は大切です。

そして、「価値観」も大切です。

が、長期間働くという観点を持つと、給料も重要なポイントになります。

リーマン
リーマン
家族の生活費、住宅ローン、教育費もいるなぁ

30代以降になると、たいがいの場面でお金の問題が顔を出してきます。

モノオス
モノオス
わたしが転職した理由の1つは給料だったしね

だから、給料で選ぶという視点はアリだと思います。

そして、どうせ会社の給料を調べるなら、

初任給だけでなく生涯賃金もチェックしておきましょう。

地方で暮らすなら、公務員という選択肢を入れろ!

ブログ「モノオス」銀のアンカーにて、地方で就職するなら公務員が最強と語っている画像引用:『銀のアンカー』第1巻

仕事でいろんな地方に行きますが、

今でも間違いなく公務員は強いと思います!

モノオス
モノオス
あと、電力・ガス・信用保証協会・商工会議所などの半官半民もいいよね

地方銀行も選択肢の上位にしがちですが、

金融は生き残りの競争が厳しいので要注意。

安定・信用・権威性を追求するなら、競争が少なく、淘汰されない分野に徹するのが地方のセオリーだと思います。

給料が高い業界はどこ?なぜ高いの?

さきほど、「迷ったら金で決めろ」というアドバイスがありましたね。

男子学生
男子学生
でも給料の高い業界ってどこなの?

給料の高い業界。それは…、

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、寡占業界でほくほくしている裸のおっさんたちが麻雀をしている画像引用:『銀のアンカー』第2巻

ずばり競争が少ない業種です。

競争が少ない業界の例
  • 情報(放送・新聞など)
  • 目に見えない必需品(金融)
  • エネルギー(電力・ガス・海運・商社など)
  • 土地を包括的に扱う(デベロッパー)

モノオス
モノオス
競争が少ないと値引きが発生しにくい(価格を高めで据え置く)からね

ちなみに、なんで競争が少ないかというと、

競争が少ない背景
  • 国が新規参入を規制きせいしている
  • 資源・商品が限られている

といった理由が挙げられます。

モノオス
モノオス
新卒・転職ともに規制業界にいます

大学の4年間と違って働く期間は40年以上と長いので、

自分にとっていい環境をゲットしましょう!

学生が希望する職種に対する会社の思いの温度差がスゴイ

就活するときに、

女子学生
女子学生
営業はイヤ。マーケティングや商品企画をやりたい!!

と思ったりしませんか?

モノオス
モノオス
カッコいいしはなやかな感じだもんね

でも、そういう声に対して会社はどう思っているのか?

その答えをご覧ください。

ブログ「モノオス」銀のアンカーで学生が営業でなくて商品企画やマーケティングを志望していることに対する会社の思いを書いている画像引用:『銀のアンカー』第2巻

どうですか。

男子学生
男子学生
は?何それ?

って感じで、イラッとしますよね。

ちなみに、わたしも新卒で入った会社の面接で「商品企画を第1希望!」と言ってました。

配属されたのは営業(ルートセールス)ですけどね。

その後、営業して、

  • 営業はうまくいくと達成感があるし、時間の使い方が自由で好き
  • 商品は現場のこと(市場環境・客の声・商品の流れ)を知らないと不利

ということがわかったので、

『銀のアンカー』の会社のコメントも今では納得がいきます。

と前置きが長くなりましたが、ここでは、

あこがれの部署ばかり考えるのではなく、自分が人事異動でいろんな部署を回っていくこと

そして、

いろんな部署を回りながら、自分は会社でどのように成長していきたいのか(どのような形で活躍したいのか)

を想像しておくと便利ですよ、ということです。

このイメージができていれば、面接ですごく評価されると思います。

そして、もし営業に配属されたとしても落ち込まないでください。

モノが売れる仕組みを学ぶことは大切だし、社員の多数が配置される現場で仕事して、

現場のおもいを知っておくことは絶対役に立ちますので。

営業の極意は、悩みや相談を真剣に聞けるかどうか

せっかく営業の話がでてきたので、

「学生が考える営業への誤解」と「営業とはどういう仕事か」を見ていきましょう!

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、学生による営業のイメージの誤解を白川が説明している画像引用:『銀のアンカー』第4巻
ブログ「モノオス」銀のアンカーで、会社に利益をもたらすのが社員の仕事なのであれば、世の中の仕事はすべて営業と説明している画像引用:『銀のアンカー』第4巻

営業に対する最大の誤解は、

元気で口がうまくて押しも強く

そしてフットワークが軽くなければ務まらない

という点ですが、

実際はそんなキャラでなくても営業はできます。

営業の極意は、

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、営業で大切なことは悩みを真剣に聞けるかどうかと田中が答えている画像引用:『銀のアンカー』第4巻

というところにあり、実際にわたしが営業で見たなかでも、

営業ができる人は聞き上手であったり、相手の悩みをどんな方法で解決しようか一緒に考えらえる人です。

モノオス
モノオス
営業はお客様に近いので、感謝の言葉をたくさんもらえるメリットもあるよ

『銀のアンカー』から学ぶ会社が求める人物像

会社によって細部は違いますが、ここではどの会社も求めている本質的な性質を紹介します。

企業が求める人材は、素直にハイと言うことを聞くヤツ

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、企業が求める人材は素直にハイと言うやつと白川が説明している画像引用:『銀のアンカー』第2巻
男子学生
男子学生
なんでも「ハイ」と言うヤツがいいだって!?
モノオス
モノオス
これはなかなか理解できないかもだね

わたしも大学生のころは、

リーダーシップがある人積極的に行動する人が望まれているんだと思っていました。

しかし、今では白川が言っている意味がわかります。

会社は一緒に働きたい人を探しているからです。

具体的には素直で、言われたことをやってみる人材です。

これについては、白川が千夏のすぐ行動する特性をめる場面がわかりやすいので、具体例として紹介します。

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、白川が千夏が言われたらすぐ行動する性質を褒めている画像引用:『銀のアンカー』第1巻

余計なことをゴチャゴチャ考えない
そこが彼女のいいところ

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、千夏が迷ったら即行動で走り出している画像引用:『銀のアンカー』第1巻
女子学生
女子学生
千夏の行動力のすごさはわかるけど、考えずに走ってるみたいで駄目だめじゃない?

いやいや。これは理想の新人像。

絶対、上司に気に入られるし、経験を積んで判断能力がつくとエースになるパターンです。

上司が指示したら

新人
新人
なんでやらなきゃいけないんですか?

と聞いてくる新人より、とりあえずやってみる新人のほうがカワイイですから。

モノオス
モノオス
でも千夏みたいにすぐ動ける子しかダメ、という意味ではないよ

会社には慎重な人や一歩引いて支えてくれる人も必要だし、そういう業務もあります。

大切なことは「活発でなくてもいいので、素直に言われたことをやってみる姿勢をもっておこう」ということです。

ネバーギブアップとチャレンジの姿勢

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、仕事はネバーギブアップとチャレンジが大事と白川が説明している画像引用:『銀のアンカー』第5巻

会社は「素直で言うことを聞く人材」がほしいと言いましたが、それだけではありません。

モノオス
モノオス
もう1つは勝つために頑張る人材です!

では、なぜ頑張る人材がほしいのか、その理由を見てみましょう。

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、会社は利益を追求するために勝つために頑張る人が欲しいと説明している画像引用:『銀のアンカー』第5巻

他人が横で努力している時

折れも負けないぞと思って努力する人間が欲しいのです

会社は利益を追求していく集団です。

それならば、他社に勝ち続けるために努力する人間がほしい、

というのは納得がいきますね。

もう一歩深めたいあなたへ

2024年に新一万円札の顔となる渋沢栄一は著書『論語と算盤そろばんのなかで、

「会社はどうやって利益を出すのがいいか?」

を説いています。

モノオス
モノオス
『論語と算盤そろばんは経営者のバイブルと言われてる名著だよ

採用面接で、

女子学生
女子学生
渋沢栄一は○○といってますが、わたしは~」

と話せたらインパクトを与えられますし、

興味がある人はこの記事↓もご覧ください。

ブログ「モノオス」渋沢栄一の『論語と算盤』のまとめと名言のヘッダー画像
【『論語と算盤』レビュー】図解と名言でまとめた!近代最強の経済人・渋沢栄一の考え方【新一万円札】「日本資本主義の父」と呼ばれ、2024年から新一万円札の顔になる渋沢栄一。みずほ銀行、東京ガスを始め、500以上の企業の設立に関わった彼の名著『論語と算盤』の名言とまとめを図解付きでわかりやすくレビューします!ドラッカー、稲盛和夫、メジャーリーグの大谷翔平、たくさんの経営者を魅了した内容を5分でご覧ください!...

新人に求めている要素の1つは、「可能性」

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、越山寿男が新人に求めているのは可能性だと言っている画像引用:『銀のアンカー』第2巻

下の「就職白書2018」のトップ3に入っていますが、面接官は「可能性」を重視しています。

ブログ「モノオス」就職白書2018で会社が評価する基準と学生が面接でPRしたい項目のギャップを説明しているグラフの画像引用:『就職白書2018』

では、「可能性」とは何なのか?

男子学生
男子学生
ポテンシャルじゃない?ぜひ俺の可能性を評価してもらいたいね!

「可能性」とは「潜在能力」。

「今は見えないが未来に花咲く能力」と考える人が多いのではないでしょうか?

しかし、白川は次のように言います。

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、人事担当者が学生に求めるのは基本と白川が説明している画像引用:『銀のアンカー』第2巻

人事担当者がまず重視するのが”その人の基本”

基本ができている人は鍛えれば”伸びる”からです

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、可能性は現在の基礎がどれだけ身に付いているかであると白川が説明している画像引用:『銀のアンカー』第2巻

可能性とは将来のことではなく”現在”…

自分の基礎がどうか…ということなのです

まとめると、

人事担当者が評価する「可能性」は、現在のあなたの基本がなっているか

そしてあなたの基本をみて、あなたの将来の予測をつけている

ということです。

ちなみに、人事が考える基本とは、

面接で入室する際の入り方、姿勢、挨拶、話すときの目線、応対の仕方など、ごく日常の動作のことです。

面接の基本ができていない例
  1. 面接で何も言わずに座る
  2. 集団面接で他の人が話しているときにソッポを向いていたり、目つきが変わる
  3. ネクタイがゆるんでいる
  4. 寝グセがついている

女子学生
女子学生
そんな失敗しませんよ

と思うかもしれませんが、

緊張している面接では想像以上に余裕がなくなります。

人の基本はちょっとした仕草に出るので、しっかり武装して面接に臨みましょう。

『銀のアンカー』の名言から学ぶ会社選びのコツ、会社が求める人物像のまとめ

ブログ「モノオス」銀のアンカーで、越山寿男が新人に求めているのは可能性だと言っている画像引用:『銀のアンカー』第2巻

本記事では『銀のアンカー』の中から、会社選びのコツや会社が求める人物像についてまとめてきました。

とくに覚えておきたいのは、

受けたいと思った会社を受ける

迷ったら金で決める

素直にハイと言える人材であれ

マナーの基礎を身につけよう

といったことです。

ぜひ意識して会社選びを進めてみてください(^^)

銀のアンカーの続きもどうぞ
ブログ「モノオス」銀のアンカーで、白川義彦が志望する会社の社員になったつもりで受けろと説いている画像
【漫画『銀のアンカー』まとめ-OB訪問・面接編-】もう面接は恐くない!会社が採用で重視する基準と学生の誤解が丸わかりの漫画大学生たちが悩みながら繰り広げる就職活動漫画『銀のアンカー』を題材に、OB訪問のポイントや面接のコツをまとめて紹介します。漫画で効率よく就活の知識を得たいあなたは、ぜひご覧ください!...
ブログ「モノオス」銀のアンカーで白川義彦が田中に就活はまず動くことが大事と語る画像
【漫画『銀のアンカー』まとめ-心構え編-】はじめに知りたい!名言でたどる最強の就活準備の知識就職活動漫画『銀のアンカー』のうち、就活前に知っておきたい心構えを名言満載でまとめました。漫画で効率よく就活の知識を得たいあなたは、ぜひご覧ください!...
↓この記事もおすすめ
ブログ「モノオス」渋沢栄一の『論語と算盤』のまとめと名言のヘッダー画像
【『論語と算盤』レビュー】図解と名言でまとめた!近代最強の経済人・渋沢栄一の考え方【新一万円札】「日本資本主義の父」と呼ばれ、2024年から新一万円札の顔になる渋沢栄一。みずほ銀行、東京ガスを始め、500以上の企業の設立に関わった彼の名著『論語と算盤』の名言とまとめを図解付きでわかりやすくレビューします!ドラッカー、稲盛和夫、メジャーリーグの大谷翔平、たくさんの経営者を魅了した内容を5分でご覧ください!...
【『世界最強の商人』レビュー】名言満載!自分に自信がないあなたを勇気づける、読みやすい自己啓発本【オグ・マンディーノ】アメリカ人作家、オグ・マンディーノによる名著『世界最強の商人』のレビューと名言を紹介します!人間の本質を捉えて書いた、成功の原理原則がわかりやすく書かれています。マイケルジャクソンも愛読したとされる本書のレビューをぜひご覧ください!...
【『江副浩正』レビュー】天才かギャンブラーか?リクルート創業者・江副浩正の栄光と転落【名言】リクルートの創業者・江副浩正の自伝『江副浩正』がおもしろかったのでまとめました。江副氏の天才的なビジネスの着眼点や攻め方、破滅願望のある転落する人生など刺激が多すぎて、読みだしたら止まりません。名言もたくさんあるので、ぜひご覧ください。...

『銀のアンカー』を無料で読む方法

おまけで『銀のアンカー』が無料で読めちゃうサービスを紹介します。

U-NEXTで『銀のアンカー』を無料で読む



 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、190,000本以上配信されている動画見放題サービスです。

70冊以上の雑誌やコミック(電子書籍)も読み放題になりますし、毎月もらえる1,200円分のポイントで 『銀のアンカー』『ドラゴン桜』『アルキメデスの大戦』など三田紀房先生の作品が読めます!

※本ページの情報は令和2年10月6日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

お試し期間中に600ポイント分の有料作品を無料で楽しめます!

\31日間無料でお試し!/

U-NEXT公式ページを見る

銀のアンカーの続きもどうぞ
ブログ「モノオス」銀のアンカーで、白川義彦が志望する会社の社員になったつもりで受けろと説いている画像
【漫画『銀のアンカー』まとめ-OB訪問・面接編-】もう面接は恐くない!会社が採用で重視する基準と学生の誤解が丸わかりの漫画大学生たちが悩みながら繰り広げる就職活動漫画『銀のアンカー』を題材に、OB訪問のポイントや面接のコツをまとめて紹介します。漫画で効率よく就活の知識を得たいあなたは、ぜひご覧ください!...
ブログ「モノオス」銀のアンカーで白川義彦が田中に就活はまず動くことが大事と語る画像
【漫画『銀のアンカー』まとめ-心構え編-】はじめに知りたい!名言でたどる最強の就活準備の知識就職活動漫画『銀のアンカー』のうち、就活前に知っておきたい心構えを名言満載でまとめました。漫画で効率よく就活の知識を得たいあなたは、ぜひご覧ください!...
↓この記事もおすすめ
ブログ「モノオス」渋沢栄一の『論語と算盤』のまとめと名言のヘッダー画像
【『論語と算盤』レビュー】図解と名言でまとめた!近代最強の経済人・渋沢栄一の考え方【新一万円札】「日本資本主義の父」と呼ばれ、2024年から新一万円札の顔になる渋沢栄一。みずほ銀行、東京ガスを始め、500以上の企業の設立に関わった彼の名著『論語と算盤』の名言とまとめを図解付きでわかりやすくレビューします!ドラッカー、稲盛和夫、メジャーリーグの大谷翔平、たくさんの経営者を魅了した内容を5分でご覧ください!...
【『世界最強の商人』レビュー】名言満載!自分に自信がないあなたを勇気づける、読みやすい自己啓発本【オグ・マンディーノ】アメリカ人作家、オグ・マンディーノによる名著『世界最強の商人』のレビューと名言を紹介します!人間の本質を捉えて書いた、成功の原理原則がわかりやすく書かれています。マイケルジャクソンも愛読したとされる本書のレビューをぜひご覧ください!...
【『江副浩正』レビュー】天才かギャンブラーか?リクルート創業者・江副浩正の栄光と転落【名言】リクルートの創業者・江副浩正の自伝『江副浩正』がおもしろかったのでまとめました。江副氏の天才的なビジネスの着眼点や攻め方、破滅願望のある転落する人生など刺激が多すぎて、読みだしたら止まりません。名言もたくさんあるので、ぜひご覧ください。...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA